みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2021/02/26
3/6・7日 完成見...

Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

土台敷き込みの日。

2020年02月19日

”川風にさきわう家”より。

いよいよ手刻み加工も終わりにせまり、本日、土台敷きを行いました。

土台敷き込み後は土台検査。
土台の高さ、通りなどの検査です。

いよいよ来週は建て方作業。木組みの建て上りが待ち遠しいです。

posted by しん at 11:52 PM

きれいな太鼓梁。

2020年02月15日

”川風にさきわう家”より。

手刻み加工も大詰めの加工場。

この日は長さ8.5mを超える太鼓梁のカンナ掛け作業。
側面、上端、下端の面を仕上げの手カンナをかけて、表面を整えていきます。

その長さときれいな側面の表情は離れた場所からでも存在感を漂わせておりました。

……今月下旬、いよいよ建て方が始まります。

posted by しん at 11:20 PM

名石、稲井石。

2020年02月11日

”川風にさきわう家”より。

玄関前に並ぶ化粧柱の柱脚はきまって石巻産 名石・稲井石です。
石の加工は木材加工場の隣にあるアベタ石材さんです。

今までもハカマ石は八角や丸など製作してきました。
表面の仕上がり具合も割肌といって自然な割れた肌を見せるのが多かったのですが今回はスッキリとちょっと粗目の研磨仕上げとしました。

わかりずらいですが、下の写真2/3は研磨の状態を確認するためのサンプルです。

真ん中の孔の加工はヒノキの柱と土間から立ち上がるアンカーの連結用なのです。

posted by しん at 11:55 PM

無事にコンクリート打設の日。

2020年01月30日

”川風にさきわう家”より。

ここは旧北上川沿いの堤防が築造されるため高基礎仕様。

コンクリート打設前は私の現場管理作業もなかなか多い。
立上りコンクリート打設前の内部清掃、掃除機掛け、アンカーボルト検査、型枠鉄筋寸法検査、コンクリートに打ち込まれる基礎断熱材の検査など確認事項が何項目もあります。
それらの確認事項をクリアしてこの日を迎えます。

今年の暖冬にも助けられて先週、無事に立上りコンクリートの打設を終えました。
ホッと、ひと安心です。

 

 

posted by しん at 8:32 PM

むくり屋根。原寸を描く。

2020年01月23日

”川風にさきわう家”より。

今回の屋根形状は弊社が得意とする「むくり屋根」。

わたしの事務所もですが屋根を薄くみせながら緩やかな曲線を描く形状。

「むくり屋根」とは。
(屋根はふくらむように湾曲していますが、これは数寄屋や茶室建築に見ることができる伝統的な構造です。同じ屋根形状の代表的な建物には京都の「桂離宮」があります。あおぞら企画室”創の住むところ”より)。

ということで、むくり屋根を施工するにあたりまずはふくらみのバランスを確認するため加工場にて実物大で原寸を描いて検討中です。

…….設計図上はいく通りか描いてみるものの原寸をみるとまた少しずつ緩やかな曲線がかわってきたりするものです。

posted by しん at 10:31 PM