みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2024/06/12
古民家。清祓い式を執...
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

外部足場解体しました!

2017年03月28日

新蛇田地区にある”安らぎを真ん中に置く家” が先日外部足場を解体し、その全景がお目見えしました。

大工さん製作の木製窓手摺や濡れ縁、面格子は後日取り付けですが、間もなく内部は木完➡木完検査です!

 

posted by しん at 11:21 PM

お馴染み、セルローズファイバー。

2017年03月17日

”安らぎを真ん中に置く家”より

今日は断熱の日。
弊社標準仕様であります、お馴染みの新聞古紙断熱材セルローズファイバーの出番!
天井部分は勾配天井のため一足先に施工済みのため、今日は壁の吹き込みになります。

地元石巻の企業であります日本製紙さんの創ってくれるセルローズファイバーをパンパンに圧力をかけて吹き込んでいただきました。

詳しくはこちらを↓ スーパージェットファイバー
http://www.jet-npl.com

posted by しん at 6:43 PM

木工事、順調です。

2017年02月28日

”安らぎを真ん中に置く家”より

現場状況ですが、内部作業は高橋棟梁たちによる木工事が仕上げ造作中で入口枠も順に出来上がっています。

外部ですが外壁下地である透湿防水シートのタイベック貼り、通気胴縁組みが完了。軒裏・杉板の塗装も終わり本日より外壁張りの作業が開始しました!

posted by しん at 11:11 PM

お馴染みセルローズファイバー断熱材。

2017年02月5日

”新蛇田の家”より

弊社ではお馴染みになっておりますセルローズファイバー断熱材。
そもそも新聞古紙を主原料としております、このセルローズファイバーとの出逢いはもう16年以上前になります。

………まだ、自然素材の家が今のように多くある時代ではありませんでした。
当時、建築工房創の前身であります屋号の小山住建時代のこと。
石巻市に大きな工場を構える日本製紙さんからのご提案でした。地元で創られる自然素材の断熱材!(このお声がけは最高にうれしいことでした。)

施工は大工さんだけではなく、設備屋さんや電気屋さんなどみんなに意見を出してもらいながらより良い現場施工、工程管理を模索してきました。そして今に至る。

地元、石巻市の企業が新聞古紙から創ってくれる冬暖かく、夏涼しい、地球にやさしいセルローズファイバー。
本当によい素材です。

 

※写真は不織布とよばれるセルローズファイバー吹き込み前のシート貼りの施工状況です。

 

posted by しん at 9:16 AM

土台天端検査も。

2016年12月20日

新蛇田の家では、基礎工事もじっくりと養生期間をおき、きれいな基礎が完成!

その後、桧の土台は高橋棟梁たちで組み合わされ夕方、土台天端検査を行いました。

基礎工事完了のときに基礎の高さは検査→調整しますが土台のときも再度確認!
土台と基礎との隙間が出ないように確認に確認をします。

検査、今回もバッチリです!(みんなとうに、わたしの性格もわかっています?)

 

 

 

 

 

posted by しん at 11:23 PM

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の投稿