みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2020/11/29
「職業人の話を聞く会...
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

外観の様子。

2020年10月30日

「5層2.5階建ての家」より。

天気もいいので外観の現在の様子を外部シートを戻す前におさめてみました。

南側に大きくせりだした軒。
木組みで支える木製バルコニー………などなど
来週から外壁の通気胴縁下地工事が始まります。今回の外壁仕上は杉板押縁張りを中心にアクリルリシンとの組み合わせです。

(よく見ると太鼓梁の渡り顎を包んだ銅板が見えますよ。)

 

posted by しん at 11:33 PM

床三層張り。二階床。

2020年10月26日

「輪と和をつなぐ家」より。

只今、現場内の工事は大工さんは2階床、1階にて造作加工中、電気屋さんは配線作業中です。

この日は2階の床二層目の床コンビボードの作業中。

2階の床は①/桧相尺り板(厚みが15㎜)+②/コンビボード(厚みが9㎜)+③/杉(時に桧、唐松、栗など)無垢フロアー(厚みが15㎜)=合計:39㎜
三層の合計:39㎜ 床で構成されています。

二層目のコンビボードは無垢と無垢の間に挟む事で、クッションの役割をして2階から1階に床から響く足音や物音などの音小さくを和らげ、更に断熱性を高める事が出来ます。

2層構造が多い中、3層構造とするなど、木組みの構造体、丈夫な基礎構造につづき 見た目ではわからない ”隠れてしまうところこそ大事に” 日々施工中です!

posted by しん at 10:36 PM

セルロース新聞古紙 + 気密工事。

2020年10月22日

「5層2.5階建ての家」より。

大工さんの工事が日々進む現場。

今週の工事は、セルロースファイバー断熱工事。
屋根勾配に合わせ大きく、木下地で組まれた断熱層。断熱層の厚さは300㎜。

創、お馴染み断熱材・セルロースファイバーこと新聞古紙がパンパンになるまで吹き込まれます。
今回は吹込み後、気密シートと気密テープにより隙間をなくして気密工事もしっかりと行ないます。

秋が終わると数か月後におとずれる、ながい冬に備えて断熱工事も入念におこなっています。

posted by しん at 11:48 PM

屋根の納まり。

2020年10月18日

「輪と和をつなぐ家」より。

日中と朝晩の気温差が大きくなってきた今日この頃。

この日は板金屋さんの玄関屋根葺き作業の日。
玄関屋根はなるべく薄く見せるため、ガルバリウム鋼板立平葺きの軒先をひと手間加え、斜めに折りたたんで仕上げています。

また、中々気づかない部分ではありますが、写真(赤矢印→)の唐草と言われる軒先部分を通常は正面より釘打ちして納めるのですが、こちらは木の部分より唐草を少し離して、いくらかでも雨が直接まわらないように、ひと手間、ふた手間加え、釘を正面から打たずに隠し唐草にて屋根材と唐草をかみあわせ納めています。

(拡大図はございませんがご覧ください)

みなさん、黒で見にくいのですがご覧ください。

 

 

posted by しん at 11:45 PM

亀山英児 陶展へ。

2020年10月12日

いつも手洗い鉢を製作してもらっている「三輪田窯 亀山英児さん」の個展が10/9(金)より石巻中央にあるカンケマルラボさんにてはじまり昨日、伺ってきました。

なんといっても魅力のひとつでもある地元でとれる粘土と釉薬だけを用いた日常の生活用品として使う食器。
大量生産が多い、この世の中で出来上がった亀山さんの器はどれもひとつひとつが違う表情をもち、いつも使い手を待つ。

手に取るととても温もりのある食器。
作り手の想いや気持ちはそのまま形となって創られると私は思います。

是非みなさんも足を運んでいただきれば幸いです。

posted by しん at 11:57 PM

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031