みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2019/10/19
【コラム】防音と開放...
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

【コラム】防音と開放性

2019年10月19日

自信を持ってオススメする素材にセルロースファイバーがあります。完成見学会にお越しいただいた方には説明するので、ああ、と思い出されるかもしれません。新聞古紙を主原料にしたその詳細はこちらをご覧いただくとして、長く扱っていて感じるのは気密性と断熱性能の高さ、そして防音性能に優れていること。つまり外の騒音を室内に伝えず、宅内の音も外に漏れにくいのですが、防音性の高さゆえ宅内の音が内部で響きやすくなります。

もう一つ、宅内の音問題で気をつけなければならないのが間仕切りです。家族それぞれのプライバシーを重視するなら個室を壁で仕切ればいいのですが、すると、開放感は損なわれ熱効率は悪くなります。無垢材と自然素材で建てる私たちは、風や光を家中に行き渡らせたいとの考えから開放感を求めますが、そのため家族の生活音が思った以上に気になるということになりかねません。

開放性か防音、プライバシーか。これ以外でも、家づくりではあっちを立てればこっちが立たないということがよく起き、その都度選択に迫られます。より理想の家に近づけるためにいろんな可能性を踏まえじっくり考えることが大切ですし、私たちはプランニングから最適なアドバイスを心がけています。

posted by Fuji at 10:46 AM

【コラム】米ぬかで磨いてみた

2019年09月14日

床の傷には濡れ雑巾とアイロンですが、普段の汚れには固く絞った雑巾と乾拭き用の雑巾です。最近は蒸気クリーナーやポリッシャーなどありますが、無垢床材には適しません。また化学雑巾なども同じです。そこで床みがきにおすすめなのが米ぬかです。

米ぬかを軽く煎り、布巾で茶巾状に包んだもので磨きます。力を込めてキュッキュとするのがコツ。

 

その効果を写真でお伝えしたいのですが、ビフォア・アフターを画像にする技術がありません(泣)

ただ違いは明らかです。ピカピカになるというよりしっとり落ち着いた感じになります。堅い材質だと見た目の違いもはっきりします。

床全部を磨くには相当な労力なので、家族みんなでやるのがオススメです。

 

posted by Fuji at 10:17 AM

なつかしい当時の写真。

2019年09月6日

ふと、事務所の写真を増やしました。

10年ほど前の我が家のだんらんの間。

友達と一緒に遊ぶ息子も今や中学生。
過ぎてみれば、あっという間の10年……….。

時代とともに家をささえてくれる木々たちも色づいてきました。

posted by しん at 10:57 PM

ウッドロングエコ仕様。

2019年08月3日

数年前から外壁や木製ベランダに使用している三重県尾鷲市にある小川耕太郎∞百合子社さんの”ウッドロングエコ”。

今回、行った展示会にて出店ブースを発見!
一目散に行ってみました>そして小川社長を見つけて質問攻め!

使い始めた当時、この不思議な粉末を水で溶いて使用する液体に興味を感じて使い始めてのたのを思い出します。

ちなみに原料は鉱物・植物・酸化鉄・ハーブなどの天然成分を使用しています。
色合いは木部に塗ってからしばらくすると色変化が出始めるというもの。

今回のお盆明けに基礎工事が始まる現場でも外壁の木部部分に使用する予定で漆喰塗りとウッドロングエコ仕様の杉板コンビがいまから楽しみです。

 

 

posted by しん at 10:45 PM

完成見学会開催中!

2019年07月20日

本日と明日の二日間。「丸柱が語りつぐ家」で完成見学会を開催しています。

白木の美しさと無垢材の清々しい香りにふれられるまたとないチャンスです。

見学ご希望の方は、下記へご連絡の上、直接現地へお越しください。

たくさんのご来場お待ちしています。

 

posted by Fuji at 9:52 AM