みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2021/01/23
【コラム】唐紙のこと
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

年末のご挨拶。

2020年12月31日

今年一年、建築工房創のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございました。

2021年。新たな一年に向かい、「変わらぬ誓いと新たな知恵」をたずさえ、皆様とともに飛躍していけますよう精進して参ります。

来年もまた”チーム創” 全力でモノづくりを愉しんでいきたいと思います。

みなさま引き続き応援よろしくお願いいたします。
皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

誠に勝手ながら、令和2年12月30日(水)〜令和3年1月5日(火) まで冬季休業とさせていただきます。
皆様にはなにかとご不便をお掛けするかとおもいますがどうぞよろしくお願いいたします。
なお、緊急のお問合せにつきましては電話またはメールにてお受けいたしますのでよろしくお願いいたします。
TEL 0225-92-7080
E-Mail 弊社ホームページ(お問合せ)ページよりお願い致します。

posted by しん at 9:10 AM

「川風にさきわう家」”私たちがつくる家“ UPしました。

2020年12月26日

『川風にさきわう家』是非、皆さんご覧ください!
私たちがつくる家
https://k-sou.com/products/

 

posted by しん at 8:38 PM

【コラム】上棟式をしましょう

2020年12月22日

全工程の3割程度の時点で行われる上棟式は、本格的な工事に先がけるものと思いがちですが、棟梁からすれば最大の山場なのだとか。とくに手刻み加工に多くの手間と技術を要する木組みの家では期待と緊張が高まります。

上棟の日、丁寧に仕上げた材料が組み合わされ、家のカタチが整っていきます。無形から有形へ、想い描いた家が出来上がっていくのは大きな喜びです。同時につくり手にとっては、図面の読み間違いはないか、加工の具合はどうかなど、それまでの仕事の出来が問われるときでもあります。難しく手間がかかる仕事ほど緊張し、その分期待も喜びも大きくなる。上棟式は大工にとっていちばんの晴れ舞台です。
近頃、上棟式は簡略化されています。餅まきや投げ銭はごく少数で、式すら行わないことも珍しくありません。それは効率化と無縁ではなく、困難や緊張もなく出来るから、祝う気持ちや願いも薄れているのかもしれません。しかしどんなに効率化が進んでも、家づくりは一生に一度の大仕事であることに変わりはなく、託す願いに今昔の違いはないでしょう。家づくりへの気持ちを改めて見つめなおす意味でも上棟式は大切な気がします。

posted by Fuji at 1:25 PM

桧キッチンに食洗機取付。

2020年12月20日

久々のブログ更新で申し訳ございません。

新築工事の傍ら、リフォーム工事も進めておりますが、本日は桧面材キッチンに食器洗い乾燥機を取付する工事をご紹介します。
食器洗い乾燥機は国産メーカーの他、ミーレなど多種ございますが今回はパナソニック/深型ディープタイプを取付しました。

まずは現場調査。電気屋さん、設備屋さん、大工さん集まって現調です。
いよいよ工事開始。一日目は食洗機が納まる引出し部分の解体と分電盤からの電気引込工事です。
今回はちょうどシンク脇に幅45㎝の収納部分があり、この部分にセットすることにしました。

二日目は設備屋さんがシンクから排水、給湯配管の分岐~接続工事です。ついでに築10年も過ぎ、排水の流れも悪いということで、排水つまりも解消しました。

最終日。ヒノキ面材パネルの取付ですが、建具屋さん製作ではなく今回はコストをおさえるため、大工さんに桧剥ぎ板にて面材を製作してもらい、蜜蝋ワックスを塗って最終取付をしました。

最後に工事確認後、取り扱い説明をお客さんにしまして完了です。

posted by しん at 11:56 PM

建具屋さんの加工場へ。

2020年12月12日

「輪と和をつなぐ家」より。

年内の外部足場解体を目指してすすむ現場。12月に入り、より一層忙しくなりました。

今週は創オリジナルの木製断熱玄関ドアの製作にあたり、進捗の確認と打ち合わせに協和木工所さんの加工場にお邪魔してきました。

木製断熱玄関ドアはこれまでも改良をかさね現在の形状になりました。木の反りなど動きを考慮して、厚さを大きくして、芯材を補強して堅木の広葉樹を多く使っておりましたが、現在、創の標準とする材質を「サワラ」という木材にして製作しています。

サワラはヒノキ同様、風呂桶につかわれているほど耐水性、耐久性に優れているため、雨風や温度変化による反りやねじれを少なくすることができるためです。

posted by しん at 10:38 PM

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031