みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2019/08/23
住吉の家へ。
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

住吉の家へ。

2019年08月23日

ここは私の母校、住吉小学校の近くにある旧北上川沿いの土地。

本日はここ新築地の測量にやってきました。
この場所は川からやってくる風がとても気持ちがよく、大きく創られた木製のベランダからは川岸の中瀬にある石ノ森萬画館が見え、川開き祭りの花火もきれいに見えますねぇ。

と、ベランダからの眺めを想像を膨らませながら仕事をした日でした。

posted by しん at 10:33 PM

欄間組子。小間返し。

2019年08月21日

みなさん、いつもありがとうございます。

本日の主役はお盆前に取り付けられた二枚の建具。

この建具二枚で部屋の中も外観も雰囲気が見事にかわりました。
その建具は大きな南側に開けた大窓のランマガラスに小間返しで創られたランマ格子です。

※小間返しとは屋根の垂木や小舞・格子の組子などを材と同じ幅の間隔で配列することです。

 

posted by しん at 11:55 PM

内も外も本漆喰の家、いざスタート!

2019年08月17日

お盆休み(夏季休業)も終わり、段取りをすすめていた”本漆喰の家”がスタート。

”本漆喰の家”は内、外部の壁を左官鏝でしっかりと表面を押さえられた昔ながらの家づくり。

間取りプランもあそびごころを大切にした面白い構成を提案しています。

今月、基礎工事スタートです。お楽しみに!

posted by しん at 10:23 PM

夏季休業のお知らせ

2019年08月12日

いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、8月13日(火)〜8月16日(金)まで夏季休業とさせていただきます。
皆様にはなにかとご不便をお掛けするかとおもいますがどうぞよろしくお願いします。

なお、緊急のお問合せにつきましては電話またはメールにてお受けいたしますのでよろしくお願いいたします。

TEL 0225-92-7080
E-Mail 弊社ホームページ(お問合せ)ページよりお願い致します。

posted by しん at 4:44 PM

【コラム】消しゴムとアイロン

2019年08月10日

木の家の良さをご紹介すると、お客様から手入れについて聞かれます。漆喰壁や無垢の床材は手入れが大変ではないか。

そこでちょっとした手間でできる簡単な手入れをご紹介します。

 

〔漆喰壁の手入れ〕

なぜか漆喰壁についたボールペンの汚れ。インクは洗剤で拭いても染みが広がるだけ。

そこで役立つのが砂消しゴムです。

強い力でこするのではなく、ゆっくりこするのがコツです。汚れを削り落とすので若干傷は残りますが、汚れはほぼ消えます。もし傷が気になったら細目のサンドペーパーで表面を滑らかにしてください。大きな汚れの場合は初めからサンドペーパーを使うのがオススメです。

 

 

 

〔床の傷を治す〕

杉材は、柔らかくて肌触りも優しく温かい。ただその分傷つきやすいのが弱点です。唐松、檜も杉ほどではないが、傷はつきます。

たとえば硬いものを床に落としてできた傷。そこで役に立つのがたっぷり濡らした雑巾とアイロンです。

傷の箇所に濡らした雑巾の水をポトリポトリ。。。

次に、雑巾を置き、上からアイロンをジュジュッ!!とやってください。

高温のスチームで、躊躇せずぐいぐい押し付けるようにするのがポイントです。

蒸された木の香りがしたら完了です。

 

鋭く凹んでいた部分が盛り上がり、だいぶ目立たなくなっています。

 

木の繊維が破れたのは復元できないので、ちょっと痕は残りますが、凹みはほとんど復元できました。

 

posted by Fuji at 8:41 PM