蛇田の家

蛇田の家

私たちが
つくる家

越屋根を載せた一見古民家のような佇まいですが、内部はパネルヒーターとエアコンによる全館暖房に対応するため高い気密断熱性能を実現した先進の住まいです。総板張りの外壁には、天然乾燥させた宮城県産の杉材を使いました。気密性・断熱性確保のため、新聞古紙を再利用した断熱材のほか、熱損失を防ぐため樹脂サッシを導入しました。私たちは木組み構法による伝統と先進の住宅性能の融合を追求していますが、この家はまさにその理想を実現しています。

母屋に隣接するバイクガレージも大きな特徴で、母屋と同様の総板張りの外壁仕上げで一体感を持たせました。これはヴィンテージバイクを多く所有する施主様の強い希望があってのもの。長く快適に過ごせるよう、母屋並みの空調設備を整えています。古き良きものを最新の技術で支える家です。

(石巻市・のぞみ野/竣工:平成30年4月)