空を眺める家

空を眺める家

私たちが
つくる家

石巻の市街地には敷地が狭く、隣家が密集した地域が多くあります。この家もそうした建築家泣かせの土地環境で、光と風を呼び込みいかに開放感をもたらすかが問われました。駐車スペースはビルトインガレージにすることで確保しましたが、すると1階の居室スペースが狭くなるので、リビングを2階に置きました。幸いに南東面に開けていて、南東向きにコーナー窓を設け日当たりと開放感を確保しました。

これに加え、2階を広く見せるためにスキップフロアを採用しました。つまり居室床面の高さを変えることで空間に立体感が生まれ、空間を広く見せることができたのですが、実はこの段差は、ビルトインガレージの上の部屋の断熱性能を確保するために生じたもので、偶然の産物が空間にメリハリを生みました。

(石巻市・駅前北通/竣工:平成28年2月)