創の家

創の家

私たちが
つくる家

当社は2006年8月に創業しましたが、まもなく取り組んだのが自宅兼事務所の新築です。設計で苦労したのが狭い敷地でいかに効率的な間取りにするかで、南側に隣家が迫るため、北面からの採光の確保も大きな課題でした。同時にこの家が作り手としての個性を表し会社の看板にもなるので、自分たちらしさを表現しようという気持ちもありました。
外観の大きな特徴は2階居宅の窓の大きさで、屋根形状に沿うように設けた3連の高窓を設けるなど、採光のために足元から天井までの開口としました。屋内に照明が灯ると、外からは高い天井高と柱と梁が組まれる小屋組を見上げることができ、自分たちの持つ確かな技を道ゆく人々に披露することができます。もう一つの特徴は、数寄屋や茶室建築に多く見られ、京都の桂離宮にも採用されたむくり屋根です。小さな敷地の総二階の建物は、ともすると見た目の特徴が乏しくなりがちですが、膨らむように湾曲したこの屋根により個性的な表情を生み出せたと思っています。
(石巻市・大橋/竣工:平成20年3月)